January Tuesday,11th 2022: PM

Reactのススメ

Next.jsとかReactって難しいとか言われてるイメージ強いけどnpx create projectして公式ドキュメントのチュートリアルに沿って行くだけで最初の一歩は身近というかわりと簡単です。

最初は難しいですがcreate next appコマンドでプロジェクト作れるのでもし見てる人がいたら挑戦して作ってみて欲しいです。

最初にNode.jsを入れるのですがこれはインストールするだけです。 Macだとちょっとだけ面倒かもしれないですが、ほぼGitとGitHub登録やVSCodeとのセットで入れます。

Getting Started

Getting Started | Next.js - sou 環境構築は公式docsより自分のStartedの方が手っ取り早いと思います。 最初は公式ドキュメント読むのが勉強になると思うのでがんばって読んでみてください。

ReactはJSX記法というJSの中にHTMLが書けるだけのJavaScriptのライブラリです。

NextはReactのフレームワークで簡単に開発しやすいスーパーセットが揃っています。

タグ構造の階層ことをDOMと呼ぶのですが、ちょっとカッコよく言い過ぎというかもっと簡単なものと捉えて大丈夫。

ただのHTMLですが奥が深いし基本的な部分故に蔑ろにできないんですね。

DOMはHTMLの階層です。つまりReactはHTMLでありDOMを扱うってことです。

じゃあ静的画面推移は何っていうとビルドされた時点でHTMLをサーバー側へのリクエストなしで何度でも発行できる画期的な機能です。

これを静的サイトジェネレータと言います。

TypeScriptはJavaScriptや他の言語の仕様を20%くらい理解していれば型を付けるだけなのかって簡単です。というか後からその技術は付いてくるはずです。 というか私はTypeScriptから勉強したのですが、JavaScriptは上手い人が書かないと誰も読めないパスタコードになりがちかなと思います。 もちろん非同期通信のAjaxなどがあって今のNext.jsがあるのは確かなんですがわざわざ今からAjaxとかjQeryを書くんですかというと書かないと思います。

習得の裏技

何か機能が実装したくなったら検索してコピーペーストで動いてもらったコードを1行や1文字だけ消したり付けたりして学習しました。

どうやったって現在動いてるコードはコピーペーストで動くから使わない手はないです。

TypeScriptから入った方がいいっていうよりはJavaScript自体の価値がコンパイル後にしかないため、TypeScriptから直で勉強しはじめた方が絶対にいいですよってことです。 習得期間なんですけど自分の場合色々な言語を理解して2ヵ月くらいでした。

さいきん親しみやすい文体の書き方を心掛けています、かなり砕けていて誰でもコメントできるようなのの方がいいですよね。

それでは以上ですが2022年もよろしくおねがいします!!!!!!